宮古の風便り

ある宮古島移住者の視点から
<< 自販機への思い遣り | main | 大神(おおがみ)島遠望 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
キビ畑への灌水
キビ畑への灌水


キビが参っている。

なんせ、先月下旬から3週間以上ほとんど降雨がなかったのだ。
1週間前から、未明や早朝、またときたまスコールがあり、少しは持ちこたえた感はあるが、それにしても雨が欲しい。

市の干ばつ対策会議で決定した灌水作業が、あちこちでみられるようになった。
これは10トントラックに大きなタンクを積み、高圧噴水でキビ畑に水をまくのである。

スプリンクラーが設置してある畑は、湯水を垂れ流すという形容があるがまさしく、それ。
圃場整備がまだで、スプリンクラーのない畑は、御覧のようにたいへんなのだ。


ひそかに台風の来襲を望む声があがるのもうなずけるほど、キビは参っている。

















| 竹井 章 | 沖縄/宮古島 | 00:00 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:00 | - | - |









    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PROFILE