宮古の風便り

ある宮古島移住者の視点から
<< 六十の手習い | main | 下村 昇先生のこと >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
フットプリント(足 跡)
フットプリント 小

パウダーのようなきめ細かい真っ白な砂浜。 大好きな与那覇前浜の渚で、うっすらと浮かんで今にも消えそうなフットプリント(足跡)を見つけた。

そして思い出したのが、かつて読んだマーガレット・F・パワーズの癒しの詩『フットプリント(足跡)』である。


           あしあと                                                   FOOTPRINTS

ある夜、わたしは夢をみた                                                One night I had a dream 

わたしは、主とともに、渚(なぎさ)を歩いていた                 I dreamed I was walking along the beach with the LOAD
暗い夜空に、これまでのわたしの人生が映し出された              Across the sky flashed scenes from my life 

どの光景にも、砂の上にふたりのあしあとが残されていた        From each scene, I noticed two sets of footprints in the sand:
ひとつはわたしのあしあと、もうひとつは主のあしあとだった     one belonging to me, and the other to the LOAD

これまでの人生の最後の光景が映し出されたとき、               When the last scene of my life flashed before me,
わたしは、砂の上のあしあとに目を留めた                           I looked back at the footprints in the sand

するとわたしの人生の道程には、ひとりのあしあとしか           I noticed that many times along the path of my life
残っていない場所が、                                                     there was only one set of footprints
いくつもあるのだった

しかもそれは、わたしの人生の中でも、                             I also noticed that it happened
特に辛く、悲しい時だったのに                                        at the very lowest and saddest times of my life


このことがいつもわたしの心を乱していたので、                 This really bothered me and questioned the LOAD about it
わたしはその悩みについて思い切って主にお尋ねをした

「主よ。わたしがあなたに従うと決心したとき、                 "LOAD, You said that once I decided to follow you,
あなたは、すべての道において、わたしとともに歩んで         You would walk with me all the way
くださると約束されました

それなのに、わたしの人生でいちばん辛い時、                    But I have noticed that during the most troublesome times of my life,
ひとりのあしあとしかなかったんです                                there was only one set of footprints

わたしがいちばんあなたを必要としたとき、                        I don't understand why when I needed You most 
あなたが、なぜ、わたしを見捨てられたのか、                     You would leave me
わたしにはわかりません」


主は答えられた                                                            the LOAD replied,

「わたしの大切な子よ                   "MY precious precious child,
わたしは、あなたを愛している                                        I love you and I would never leave you
あなたを決して見捨てたりはしない
ましてや、試練や辛苦の時に                                          During your times of trial and suffering,

あしあとがひとつだったのはね、                                    When you see only one set of footprints, 
わたしがあなたを背負って歩いていたからなんだよ」         it was then that I carried you"





気がつくと、前浜のフットプリントはいつしか打ち寄せる波によって姿を消していた。

















     
| 竹井 章 | 沖縄/宮古島 | 00:00 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:00 | - | - |









  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PROFILE